福島市のペットサービス もごせ 訪問型ペットシッター お散歩代行
ペットサービス もごせ
福島市の訪問型ペットシッター ペットサービスもごせ

爪切りの前に

気づいたら12月も後半。あと2週間弱で来年ですね( ゚Д゚)

お久しぶりです。もごせの鈴木です(^^;)

ありがたいことに、たくさんのお客様と過ごしています。

ぼちぼちの更新はInstagramにしてますのでよかったらのぞいてやってください^^

 

書こうと思っていてすっかり後になっていたこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

爪切りの練習風景ですが、爪を切る前に足を触る練習が大事だなぁと思っています。

 

「爪を切る」ことを細かく考えると、

隣や近くに座って、手を握り、爪切りをもって近づけ、顔を動物の手に近づけて、バッチンと切るのですね。

(これでも結構ブログ用にざっくりです(^^;)実際はもう少し細かいですので(^^;))

 

「爪を切る」前に、近くに座っているのが緊張するときは

 

 

 

 

 

 

 

この距離に来たらいいことがある

この時は、私がコーヒーフィルターのおやつが入っているおもちゃを作ってます、とか、

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に座ってゆっくり休憩したり、おやつ食べたりするとか。(散歩の休憩です(笑))

何だってことのない日常の中から少しずつ近くに隣に座る練習、

近くに座っているといいことがあったり、何も嫌なことが起こらない、ということからします。

 

 

その上で、手を触る練習。

お手ができる子はお手してもいいですが、

私は、年齢を重ねたり不自由になってからのことも考えて

こちらから触りに行っても大丈夫、の練習の方が好きです。

 

 

 

 

 

 

 

※手からおやつが出てくるので、
「おやつそっちから出てくるんでしょ?!」とこなつはカメラ目線です(^^;)

 

手の甲で触っても大丈夫なところ(首とか胴体とかその子の平気なところ)から触り始めて少しずつ肉球の方に。

手の甲に慣れてきたら少しずつ手を返して手のひらで触ります。

 

 

 

 

 

 

 

にぎにぎ

 

慣れてくるとにぎにぎも大丈夫になります。

 

気を付けてほしいのは、いきなりにぎにぎしないこと。

焦って、いろいろすっ飛ばしてにぎにぎする人が結構います(^^;)

途中、嫌だな~という様子(あくびをしたり、パクパクしたり、場所から離れるなど)が見えたらやめること。

で、次始める時は少し前に戻って練習をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも関係なく、にぎにぎしようが、バッチン詰め切ろうが

その後おやつとか出てきたら全然OK!という子ももちろんいます。

 

ただ、うちのお客様だと、そもそも近くに座るところから、手に触るところから、という子も少なくないです。

今日までやれても「急に爪を切れなくなった」ということもあります。

無理を続けると、「もう触られることすべて嫌!」になることも。

 

途中すっ飛ばせる子はすっ飛ばしていいですが、

こういう積み重ねが必要なんだね~と思っていると、

何かあった時にどこまで戻るか、どこから始めるかがわかって、お互いに楽ですよ^^

もちろん、犬だけじゃなく、猫もウサギも鳥も同じです。

 

そんな話を年明けに座学でやりたいなぁと思っています。

1月22日(火)10時~予定。近いうちに告知します^^

 

ちなみに、私はチャーリードッグスクールのオンラインサロン「犬の森」というサロンや、

行動分析学の青木先生から学んでいます。

チャーリードッグスクールオンラインサロン「犬の森」はこちら

青木先生のセミナーはこちら(3月@東京)

 

 

 

2月24日10時~ 「飼育員さん教えて!動物の暮らしが良くなるエンリッチメントの話」受付してます。

 

 

 

←お写真クリックすると申し込みのフォームに飛びます。

 

詳しいイベントの内容はこちら

皆さんのお家のペットが楽しいこと・嬉しいことってなんだか知っていますか?

そんなことをもう一度考えられる、全国的にも珍しいセミナーです。ぜひ^^

 

いつも読んでくださってありがとうございます^^

応援ポチお願いします。

年内はもう数回ブログ書けるように頑張ります( `ー´)ノ

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします!

Twitter で

コメントを残す(管理者が承認後に掲載されます)