福島市のペットサービス もごせ 訪問型ペットシッター お散歩代行
ペットサービス もごせ
福島市の訪問型ペットシッター ペットサービスもごせ

おやつ食べれた記念日

菜のは~なばたけ~に

い~り~日 うすれ~

見わた~す山の端 か~す~み 深し

 

怖がりのこなつが元気で散歩できるように、よく歌を歌ってるのですが

最近の散歩ソング(笑)は「朧月夜」です( *´艸`)

 

 

つい先日、犬猫ゆいまーるさんのお散歩のお手伝いに行ってきたときのこと。

へいへ~い!

テール君、ブレブレ(笑)

こんにちは!

らい君、フレームアウト(笑)

ちなみにこの子は凶暴犬だから処分と言われたそうです。

 

さあさあ散歩に行こう!

落ち着いたみみ君もしっぽを振って大歓迎^^

この子は譲渡に向かないと判断されて処分待ちだったそうです。

 

人が大好きだったり、散歩が大好きだったり、おやつ大好きだったり。

みんなと~ってもいい子。こういう子には、早くず~っと一緒にいてくれる家族を早く見つけてあげたいなと思っています。

 

でも、みんな捨てられた子なわけで。人が大嫌いになる子もいるのです。

ちろくん

クレートから3年出てこなかった臆病な子。最近ようやく出てこれるようになった。

そして、先日…

 こなつママさん、おやつください!

!!!!

おやつください?!!!??

 

ハーネスにして、穏やかに周りで過ごしていたら、においを嗅いで様子を伺うしぐさを見せて…

 

こころをふにゃふにゃにして、できる限り穏やかにおやつを渡したら、

もっつもっつ

もっつもっつ

食べること食べること!

 

おやつをあげ続けていたら

こなつママさん、おやつください!

って目線を合わせておやつをおねだりするようになって。

 

もちろん、外界の音に敏感で、変わった音、変わった行動をするとびくびくするのだけれど

「大丈夫だよ~」ってアイコンタクトしたら、「わかった」って落ち着いてくれて。

 

なんていい子なんだ!!!

 

こなつも怖がりで、散歩でも茂みに隠れたり、怖いとおやつも食べられなかったり

どこでも、どんな時でもおやつを食べられる練習をず~っとず~っと続けてきたので

おやつを食べられるってことが、どれだけ怖がりな子にとっての進歩なのか、よ~く知っている。 

 

ここまでの道のりをず~っと根気よく愛情を注ぎ続けてきた代表さんがいたからこそ、劇的に変わり始めているちろくん。

 

人が負わせてしまった傷ならば、人が癒す努力をするしかない。

においを嗅いで、お散歩して、自由に歩いて、そして最期まで愛されて。

少しでもこれからの生活が幸せになるように。

 

虹だね~ミルク姉さんかな~?

ミルクに出会って、ミルクが逝った、ミルクの思い出がいっぱいの春。

出会ったわんこさんたちが幸せになれるように、ミルクも見守っててね~!

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ にほんブログ村

→怖がりこなつですが、今ではすっかりおやつをくれる人のそばに私がいなくても寄っていき、バクバク食べるいい子になりました^^

きっと怖いものが減って生きやすい日が来るから、ね。

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします!

Twitter で

この投稿へのコメント

  1. バーニーママ より:

    Unknown
    そっか。 こなつちゃん 魚くさいんだ??(≧∇≦)

    冗談はさておき。
    お散歩ボラ されてるのですねぇ…
    スゴイなぁ…
    いろんな人からおやつ貰えるのって…
    大事なことだったんですね。
    うーむ
    深いな…
    三年間もクレートから…泣

    今度 ランでじっくりお話
    聞かせてね。

  2. ランママ より:

    Unknown
    こなちゃん今日も元気に入水(*^_^*)
    ワタシ歌までは歌わないけど(笑)お話しながら散歩してて車で通りすがりに見かけた友人が『ウケた!
    一人で笑ながら喋ってて。』って(笑)
    いや一人じゃないランいるからって話ですよね(笑)

    ワタシも先日 色々お話伺って一度でも噛むと譲渡対象から外れ処分対象だと・・・職員さんも頑張ってはくれてるけど躾やら その他もろもろに割く時間がないと。そうですよね。
    心に傷を負い捕獲の際や保健所の空気にも恐怖に
    怯えてる中 何かの拍子に保身の為 口がでちゃうの犬なら当然・・・
    でも そちらの団体さんや ママさん行ってる所のように人が癒すしかない、それによって こんなにも変わるというか本来 こんな姿だったはずなんですよね。
    寸での差で救われた命 幸せに!
    実は私も個人的に ちょこっと始めてます。相手がいることなので難しいんだけど・・・

    話し変わって おやつ食べれる。これ 食いぬけ(笑)ランも外では~の姿 ママさん ご存知よねハッピーシードさんで。でもママさんからのは食べたっけね!
    場所や人にもよるけど あれから随分食べられるようになったかな。

    わーまた長くなっちまった(笑)

  3. panda より:

    バーニーママさま
    魚臭いです。。。

    バーニーはどこでも食べれそうなのでなかなかわからないかもしれないのですが、そうなんですよ~!
    緊張したり、怖がる子は食べれなくなる。
    逃げ出す前にその場に安心していないことがわかるバロメーターです。
    こなつは、そこが怖くない、という条件付けをするためにも食べるという行為を無理なくどこでもできるようにする練習をしています。

    クレートにず~っといて、そこで排泄から食事からする生活よりも、いろんなにおい嗅いで愛されて、外の空気を吸って自由に生きていけるんだって、
    ゆっくり伝わるとうれしいなぁと思います。

  4. panda より:

    ランママさま
    そうそう、私もこなつにたくさん話しかけるので、にぎやかに歩いてますよ~(笑)

    噛む犬って、簡単に決めつけないでほしいですよね~
    どんな時に誰に噛むのかでもずいぶん違うし、噛み方だって違うし、
    同じ唸る子だって、何にどう唸るかで対処が全然変わってしまう。
    ちょっと元気に暴れる子が、簡単に「凶暴」と言われてしまったり。

    人と暮らす上で犬の側が気を付けないといけないことはあるのだけれど、人もちゃんと学んで向き合ってほしいなぁって思います。

    ランちゃんくいぬけ?いやいや、繊細さんですよ~^^

コメントを残す(管理者が承認後に掲載されます)