福島市のペットサービス もごせ 訪問型ペットシッター お散歩代行
ペットサービス もごせ
福島市の訪問型ペットシッター ペットサービスもごせ

非日常に頼るもの

お盆はたくさんのお客様にご利用いただきました^^
ありがとうございました。
お客様はぼちぼちインスタグラムにご紹介しているので時々のぞいてやってくださいませ^^

スポッとお盆明けにお休みが取れたので急きょ家族で清里へ行ってきました。

IMG_7030

川を渡ったり、岩を登ったりする結構本格的な渓流トレッキングをしたり

IMG_7019

釜めしやほうとうを食べ、

IMG_7039

バーベキューも。
こなつが大好きな牛肉!
美味しかったそうです(笑)

家族そろって楽しかった~!と手放しで言いたいところですが
やっぱりこなつにはとっても非日常なわけで。

得意ではない車に乗せられて知らないところに連れていかれ、
なんだかわからない建物に泊まるわけですから、ドキドキ、緊張するのは当たり前。

我が家は、年に2回程度は泊りの旅行にこなつを連れて行くのですが、
何度か行っている宿と初めての宿では当たり前ですが様子が全く違います。

IMG_7023

ペットシッターでお邪魔するときも、
私に慣れるまでは「知らない人が来るお留守番」という非日常。

そういう非日常を
少しでも楽しい、安心できると思うか
とても怖かった、嫌なものだと思うか
それをガイドできるのはそばにいる人間の大事な役目だと思うのです。

今回の旅行では、
こなつは興奮しやすかったし、声が耳に届きにくいこともあったし、
宿ではうろうろついて回ったり、帰ってきてからも家で後追いしていました。

それをどう思いやってあげられるかはとても大事だと思います。

不安や緊張は心拍数を高め、状況判断が鈍るのは当然。
どうしたら安心できるかな~?って考えたら
いつもと同じ笑顔で、いつもと同じ声で、いつもと同じリラックスしたにおいや雰囲気で
いつもと同じように。
美味しい食べ物を食べたり、なでなで甘えん坊したり、「いいこだね~」って伝えたり。
とにもかくにも、こなつが好きなことをするのです。

少し興奮が強くて呼吸が荒ければ、落ち着けるために抱っこもありです。
動き回ると余計に呼吸を荒くして興奮がどんどん強くなるので。
花火や雷でパニック気味になってくると我が家は抱っこです。落ち着くので。
あ、抱っこが好きでリラックスできるというのがとても大事というのはまた次回(^^;)

万が一にも、非日常で怖くて不安な時に
いつもできていることができないとか、落ち着かないとかで
叱っちゃだめですよ。
誰よりも、飼い主さんが「ここはいい場所だから大丈夫だよ~」って伝えられるといいなと思います。

IMG_7012

さて、我が家のこなつ。
帰るころには宿で熟睡してリラックスモードになり、
帰ってきてからの後追いも、あっという間になくなりました。

旅行はストレスだから~って行かなければいいって話でもないと思っていて。
もちろんストレスですが、それを家族みんなで乗り越えられるのも
旅行の楽しみだし、いい思い出ではないかなと思うのです^^

そして、こなつにとっての雷や花火がそうでしたが、
「すごく怖い!」が強くなってしまってからは簡単ではなかったです。
でも、叱らないこと、安心や安全を伝え続けることで
「あれは大丈夫」「これくらいはどうにか」「それも問題ない」と
1つ1つ積み重ねていけることはあります。
そしてその積み重ねがあったからこそ、「今回も大丈夫」と分かったのかなと思っています。

困ったら少なくとも「叱らない」専門家に相談ください^^

【私が学ぶのはこちら→チャーリードッグスクール
動物行動学および行動分析学に基づいて、「叱らない」犬猫育てのための学ぶ集団です^^

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします!

Twitter で

コメントを残す(管理者が承認後に掲載されます)