福島市のペットサービス もごせ 訪問型ペットシッター お散歩代行
ペットサービス もごせ
福島市の訪問型ペットシッター ペットサービスもごせ

あれから1年

ミルクを腕の中で看取って、ちょうど一年が経ちました

早いような、遅いような、長いような、短いような一年でした。

 

こなつとのにぎやかな毎日で、思い出すことはあっても泣くことも少なくなり、

こなつの笑顔を見て、笑うことも楽しい気持ちもすっかり戻りました。

「ミルク姉さん!」

ついこの間、散歩で虹がきれいに出ていて、ミルクが会いに来てくれたんだと嬉しかったです。

 

ミルクが教えてくれたのは、

どんな子でもいつか飼い主よりは先に逝くのだから、後悔しないように暮らすということ。

 

先日、こなつの先生とミルクの話になったのですが、

先生が言ってくれた

「飼い主さんが良いと思う方法でいろいろやるんだから、

それで良かったんだと思い込むこと。自己満足でいいんだと思います。」

という言葉が、とても救いになりました。

 

ミルクの治療に関しては、毎日点滴に通い、痛い思い、嫌な思いをたくさんさせて、

苦しい時間を伸ばしてしまっただけではないか…という思いが捨てきれません。

それでも、私たちなりの選択で良かったんだと思い込むのでいいんだと、

そう言ってもらえてとてもうれしかったです。

 

こなつを置いて私たちが先に…なんてことは絶対にできないので、

こなつを看取るその時まで、

しっかり、しっかり、少しでも素敵な笑顔の絶えない家族でいたい。

たくさんの楽しいと、たくさんの嬉しいを一緒に経験できるように。

そんなことを確認しながら、ミルクの命日を毎年毎年家族で過ごせたら、と思っています。

 

いつも訪問ありがとうございます。 

 にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ ←この笑顔を見て笑顔にならないことはない!ポチお願いします!
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします!

Twitter で

この投稿へのコメント

  1. アバター のらくろ より:

    Unknown
    今日はミルクちゃんの命日だったのですね。。。

    一年前の今日、ミルクママが どんな気持ちで記事を書いたか…、
    そして今日、こなつママが どんな気持ちで記事を書いたのか…、
    とても胸が熱くなりました。

    ミルクちゃんを腕の中で看取ったのですね。
    ミルクちゃん、幸せな最期だったと思います。
    病院の先生のおっしゃること、ホントだと思います。

    先日の虹は、ミルクちゃんがママとこなつちゃんに会いにきてくれたんだと、心から思います。
    虹の橋で、たくさんのお友達と毎日走って、美味しいものいっぱい食べて、
    橋の上から こなつファミリーを毎日見守っていることと思います。

    私は 実家のチビ兄ちゃんを看取れなかったし、
    仕事も休めず、実家に戻った時には 骨っ子になっていたから、
    今でもいろいろな事を悔やんでいます。

    今日、いつも以上に こなつちゃんにポチポチしちゃいました。
    この子達と、たくさんの時間を一緒に過ごして、濃厚な犬生と人生を送りましょうね (*゜▽゜*)

  2. アバター 磁石 より:

    Unknown
    あれから一年経ったんだね。

    私もまりもとお別れして1年2カ月。
    時の流れが悲しみを癒すことを実感。
    うちの母はフェルトでまりも人形作りたい!とか言ってます(^.^)

    きっとミルクちゃん、お空の上から
    家族みんなを優しく見守ってくれてるね☆

  3. アバター panda より:

    のらくろさま
    命に限りがあるのだとわかっていても
    実際に大事な子を亡くしてみないとわからない経験でした。
    自分の体や心がもぎ取られるような感覚でした。
    喜びを感じではいけないような、嬉しいことも感じられないような。
    ミルクが最後に教えてくれたこと。とても大事な経験でした。

    だからこそ、毎年この日を迎えるにあたって
    すべてが無限ではないこと、当たり前ではないことを確認できるのだなぁと思っています。

    亡くなってなおたくさんのことを教えてくれるミルクに感謝。
    生きているこなつにも感謝。です。

  4. アバター panda より:

    磁石さま
    そっか、まりもちゃんが亡くなって結構すぐだったんだもんね。
    私もミルクのフエルト人形を頼もうかと思ったことがあるけど
    だんだん薄れていくミルクの面影や感覚を
    またゆっくり思い出せるのも良いな~と思って作ってないかも。
    フォトブックも作らなかったし。
    意外と、物よりも何よりも、思い出があれば、良いのかなって今は思っています。

    ま、こなつがいるから余計にそう思うんだろうけどね。

  5. アバター バーニーまま より:

    そうなんだよね。
    動物は必ず自分より先に 逝っちゃうから…
    それを踏まえて日々の生活エンジョイしないと。
    今は元気なバーニーだけど
    必ず 介護の日々がやってくる。
    先日も毎日見てたブログのワンちゃんが
    癌で…。もう涙涙の日々でした。

    ミルクちゃんはシアワセだったと思うよ!
    ちゃんとママの腕の中で…、

    ママさん!
    こなつちゃんとのワンライフ

    もっともっと盛り上げましょうね!

  6. アバター panda より:

    バーニーママさま
    私たちが先に逝くことのほうが残酷なんですよね。
    見送るのはつらいんだけれども。

    癌でしたか。
    身体が元気な分、苦しいのがかわいそうで、
    老衰で最後わからない感じで眠るように…なんて
    理想的な最後ですけれど、なかなか、ね。

    そうそう、いっぱい楽しまなきゃソンです!
    たくさんのお友だちのおかげでホント楽しませてもらっています。
    これからも、よろしくお願いしますね!

コメントを残す(管理者が承認後に掲載されます)