福島市のペットサービス もごせ 訪問型ペットシッター お散歩代行
ペットサービス もごせ
福島市の訪問型ペットシッター ペットサービスもごせ

リードはこなつの一部です♪

チャーリーママさんの座学に行き、

「犬は犬であるだけで愛されなければならない」気持ちが強くなったわけですが

それは口だけではだめで、実践が大事ですよね!

 

それは、生活のいろいろな場面に活かされるのですが、

詳しくはチャーリーママさんのブログを読んでいただくとして。

 

座学で体験させていただいたこちら!

ハーネス体験&グッパー実践

この後、私もハーネスをつけてリードを引いてもらいました。

 

グッパーと聞くと、どうしてもリードの刺激でアテンションを取るイメージだったのですが、

チャーリーママさんにリードを引いてもらって感じたのは

 

手でそっと抑えられているような、直に触られてなだめられているような感覚 です。

 

乗馬をやっている友人に聞いたところ、乗馬のテクニックにも似ていて

リードをゴムのように感じられるように操る んだそうです。

 

「ひっぱらないでね」

 

優しくリードを手の中でスライドさせて、滑らかに相手を止める。

あくまでも「がっくんがっくん」にならないようにする。 低刺激で。

 

「なに?」

こちらからの力が犬と1対1になるようなリード使い。

 

なるほど。これは犬に優しい。ふむふむと思いさっそく実践しました。

 

「なんかいい調子」

興奮しやすいこなつが、興奮しにくく、冷めやすい気がする…。

 

戻って来てほしいようなガサガサに入った時も、張ったリードをなでてみました。

「ただいま!」

おお!いつもより早く帰ってきた!

 

リードを優しく使うと無理やり感が減り、感情がなだめられるらしく、

こなつの気持ちの切替がいつもより早いようです。

 

「あっち気になる…」

これだけ早くこなつに変化が出たのは、私のリードの扱いがまだまだ雑だったから。

リードはこなつの一部なんですよね。

リードを雑に扱うということは、こなつを雑に扱うということ。

大事な大事なこなつの背中を、ぐわんぐわん揺らして良いわけがない。

 

リードは私とこなつをつないでいる手。

一緒に楽しく歩くために、つないでいる手を優しく誘導できるようになりたい。

 

リードワーク1つとっても、奥深いチャーリーママさんの座学。

まだまだ勉強中ですが、スルメのような味わい深い学びです( *´艸`)

また、その学びをご一緒できる方たちとお知り合いになれたことも嬉しかったです。

これからも、こなつのために精進していきたいと思います。

 

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ にほんブログ村

↑ まだまだ、興奮して暴走して、ママが必死で合わせて走ったりすることも少なくないです。

でも、どんな微々たる1歩だとしても、こなつの成長を喜べる自分でいたいのです。

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします!

Twitter で

この投稿へのコメント

  1. ぴっぴ より:

    Unknown
    『リードは私とこなつをつないでいる手』
    という言葉納得です。
    確かにそうですよね。
    手をつないでいたら急に変な方向に引っ張られたら痛いですもん。
    そうか、手をつないでいると思えばいいんだ。
    いつかこっちの小夏(笑)と散歩する時参考にします。

  2. panda より:

    ぴっぴさま
    リードがこなつだと思うと雑にはできないなって。
    子どもが手を引っ張ってあっちこっち行きたい方に引っ張った時、
    お母さんは「そっちいかない!」ってあんまり怒らなかったな~って。
    「そっちには行けないんだよ~」って諭してくれたな~ってそんなことを思い出しました。
    危ない時は「危ないから!」って止められましたけどね。
    それでも、肩が抜けるようにはしないでしょ?

    小夏ちゃんと仲良く歩けるの楽しみですね♪

  3. むくむく より:

    こなつちゃんかわゆいですね^^
    初めまして!?(コメは)仙台在住のムクムクと申します。仙台座学ではお世話になりました。やっぱ”こなつちゃん~。か・わ・ゆ・いーーー^^ですぅ。また、何時の日か、散トレやお散歩会や座学でお会い出来ること楽しみにしていま~す♡♡

  4. panda より:

    むくむくさま
    こちらこそ、お世話になりました!
    座学、楽しかったですね~♪
    たくさんのことを学べたのも嬉しかったですが、
    なにより一緒に頑張っているお仲間さんのお顔を見ることができて
    一緒にお話しできて、本当に嬉しかったです。
    ぜひまたお会いできたらと思います。
    本当にありがとうございました!

コメントを残す(管理者が承認後に掲載されます)