福島市のペットサービス もごせ 訪問型ペットシッター お散歩代行
ペットサービス もごせ
福島市の訪問型ペットシッター ペットサービスもごせ

匂い嗅ぎの散歩

ふんがふんが

こなつは、たくさんにおいを嗅いで歩くのが大好き^^

最近雨が多くて川が上がった後とか、変わった匂いがたくさんするみたいで毎日夢中で嗅いでます。

 

そして、ベストスポットを見つけると

ごろすり~ん

ごろすり~ん

うぞうぞうぞ…

ほとんど、干からびた魚だったりとかするのですがね( ̄▽ ̄)

 

ワンコさんって、なにか怖いことがあるとにおいを嗅ぐどころではなくなります。

こなつも我が家に来た最初のころは、例えば部活動の子たちが声を出して運動してる声が聞こえたら

ずばびゅ~~~~~ん、ってダッシュでしっぽ下げて逃げるように帰りたがって。

酷いときは、パンディング(息遣いがハアハア)してきて、ブルブル震えたりして。

 

今はたくましくなったもので

ほとんどそんなことはなくなりましたが、雷が鳴ったらどうかな~??

 

ま、何らかの怖い思いをして恐怖を感じやすくなった子は、そういう傾向にある気がしてます。

 

それって、福島犬猫ゆいまーるの3年クレートから出られなかったチロ君とか

最近少し歩けるようになってます~

敷地内から出られなかった、たっく君とか

数か月前はこの表情で動かなくなってたね~

 

人に対して、彼らの中にトラウマができていて、とにかく怖い。

そんな子が保健所譲渡の子にはもしかしたら多いのかな、とゆいまーるの手伝いをしていて思います。

 

落ち着いて歩けるようになったテールも

最初は外界の刺激に過敏に反応して興奮しすぎて飛び跳ねたりダッシュしたり。

これも恐怖からくる反応で、きょろきょろ眼球がせわしなく動いて辺りをいつも確認してた。

 

それくらい、彼らは本当に生きるか死ぬかっていう怖い思いをして、

今も、人に対してそれくらい不信感がある。

 

 

そんな彼らにできることは、こなつに私ができたことと変わらないなと

最近こなつが我が家に来た時のことをすごく思い出します。

 

お利口さんだね~

っておやつを食べてもらえる関係づくりから。

それだって、近づくことができなければおやつを差し出すこともできないし、

おやつを差し出したって、怪しい人のおやつなんて食べてくれないです。

 

精一杯、まばたき、顔を背ける、うつむいて地面のにおいを嗅ぐのシグナルを使って

「私はあなたを攻撃する気はないですよ~、仲良くしたいですよ~」を伝え続け、

他のわんこと仲良くしているのを見てもらって、「どうやらあの人は悪い人ではないらしい」と思ってもらうと

すこ~しずつ近づいてくれて、においを嗅いでくれて、心許してくれます。

 

で、そんなことを繰り返すうちに

どうもどうも~

と自分から寄ってきてくれて、しっぽを振ってくれる、までになれば最高^^

 

そして、そんな関係ができるとお散歩もこんな風に匂い嗅ぎしながら、

犬としての欲求をどんどん出してその子らしく振舞えるようになってきて。

 

たっくお散歩0826

 

怖がりの子がこうやって落ち着いて散歩ができる一番の要素は、リードを引かないこと。

彼らが一番恐れているのは、リードが張って拘束されること。

もちろん、行ってはいけないところに行こうとしたときは止めますが、できるだけすぐ緩めて

彼らが自発的に戻ってこられるように誘導してあげるのが一番恐怖を抱かずに誘導できると思うのです。

 

虹が出てたね、テール^^

 

人を信用できなくなった子が、人を信用するって本当に大変なことだと思うのです。

それでも、もう一度信じてみようと思ってもらう人になるには、どんな些細なことでも力で制するのは絶対にやってはいけない。

そんなことを、こなつとの暮らしで、そして、ゆいまーるの子たちから改めて学んでいます。

 

どんなわんこさんも、犬らしい欲求が安心して出せる暮らしが叶うといいな。

 

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ にほんブログ村

我が家のマリモ

水を替えると嬉しそうに気泡を出して浮き上がります^^手をかけるとそれだけ返してくれる。命ってホント愛おしい。

 

 

デールとマリア

この間、一緒に散歩できたらとても喜んでいました^^

ちょっとずつだけど悲しみを癒していこうね。

 

人数が多いとデールとマリアが一緒に散歩できます!お散歩ボランティアさん絶賛募集中です!

 

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします!

Twitter で

この投稿へのコメント

  1. アバター ランママ より:

    Unknown
    ランもチャリやバイクや大型トラックとか・・・パニクって逃げワタシも側溝に落ちたり(笑)今はだいぶ慣れました。

    くんすか大切ですよね~
    ゴロスリ可愛い♪
    ランも激写あるのでそのうちアップします(笑)

    人によって傷ついたのを またリカバリーしてあげれるのも、また、人であるのですよね(*^_^*)

  2. アバター ぴっぴ より:

    Unknown
    お久しぶりでございます。
    こなつちゃんいいですねぇ。
    柴はごろすり~んしますよねぇ。
    昔飼っていた柴もよくしておりました。

    過去記事にこなつちゃんの距離感の話がありましたが
    柴独特の距離感なんでしょうかね。
    うちで飼っていた柴もそうでした。
    必ずちょっと距離を置いて座るの 笑
    触られるのはあまり好きじゃないけどそばにいたい時とか。
    やっぱり猟犬だったこともあって
    自立心とか独立心とかしっかりしてそうですもんね。
    それがシーズーと一緒に暮らして驚いたのが
    その距離感が全然違ったことでした。
    身体のどこかをくっつけるのが普通だったり。
    膝の上に乗ってきたり。
    もしくは「膝に乗るので胡坐をかいてください」と見上げたり。
    結構しっかり要求してきます 笑
    おなじ犬なのに面白いなぁと思っております。

  3. アバター panda より:

    ランママさま
    ランちゃん、バイクとか怖かったのですね~!
    ランちゃんって結構怖がりさんですよね。人にはあまりそういうのは出ないですけど。

    人がいない世界ならば人になれる必要なんてどこにもないのだけれど
    人がいる世界で生きて行かなければならないのが犬なので
    そういう意味では本当に合わせてもらっているなぁと思うのですよね。。。
    大事にしないと。

  4. アバター panda より:

    ぴっぴさま
    そうでしたか!ぴっぴさんは昔は柴さん飼ってたのですね~
    柴もそうですが、和犬なのかな~と思ったりします。
    洋犬のようにべたべたしに自発的に来たりはあまりしないのは、和犬らしいなぁと。
    もちろん、和犬でもべたべたしたい子もいますけど、うちの柴はちょっと離れた、でもそこそこ近い場所に来るのが面白いですね~
    そのうちべたべた甘えん坊になるのかな~と首を長~くして待ってます(笑)
    こなつさん、要求しますか^^かわいいですね~!
    いっぱい愛されて幸せ生活ですね~^^

コメントを残す(管理者が承認後に掲載されます)