福島市のペットサービス もごせ 訪問型ペットシッター お散歩代行
ペットサービス もごせ
福島市の訪問型ペットシッター ペットサービスもごせ

ママだけでなくてもいいよね

  久しぶりゆうんぽ^^

すっかり空は秋の空ですね~夕方ずいぶん過ごしやすくなってきました。

 

こなつの散歩コースには、挨拶をしたり、立ち話をしたり、こなつにおやつをくれたりするお家が何件もあり

結構都会に住んでます

散歩に行くと、いろいろ停留所があって、こなつのおやつだけではなく野菜をもらったりすることも。

結構前からそうだったらしく、過去記事を見て笑ってしまった→3年前のあさんぽ

 

で、今朝。

いつものようにじゃぼじゃぼ遊んでいたら

遠くから「パーン!!!」という花火の音。(たぶん果樹の鳥よけ??)

家ではチーズなどで花火を乗り切れるようになったものの、外ではなかなか回復できないこともあって。

 

今日は、朝も早かったし、すごく楽しくひとり離れて遊んでるときだったのでショックだったみたいで

「帰る!」って急いで帰り始まったのですが…

 

こちらからの声掛けでパニックも少し収まって、

でも急ぎ足で帰りたい気持ちはなかなか収まらなくていたところ、

 

「こなつちゃ~ん!」

助けてくれたのはご近所のさくらママ。

さくらちゃんという13歳の柴犬の飼い主さん。

 

「ちょっと待っててね~!おやつ持ってくるから!」

 

さくらママ!!

もうこの瞬間に花火の音なんて、聞いたことも忘れてる(笑)

 

さくらママ、こなつ、いい子にして待ちますよ!

しっかりしてお座りして待って、

おやつをいただいて、すっかり緊張が抜けて。

私がさくらママと雑談する間、伏せて待ってました(*´▽`*)

 

ハトサブレに見えると夫と笑った写真(笑)

 

こなつの怖いことを乗り切ろうと思う時、どうしても家の中だと私が対応しなくてはならなくて、

それは外に出ても「私がこなつにとって怖いことを乗り切れることをできないと」と

どこか気を張っていたなぁって。今日思って。

 

さくらママみたいに、こなつにとって「怖いことも忘れるくらいワクワクすること」を出せる人は

近所や散歩道やお友だちや、意外とたくさんいるのかも、と。

 

好きなもの増えてたねぇ^^

あんなに人が嫌いで、怖くて仕方なかったこなつにとっては、とてもすごいことだなぁって^^

 

なんかうれしいぞ~(*´▽`*)

 

さくらママは、月に1回くらい私たちの散歩で通りかかった時におやつをくれるのですが、

こなつはさくらが大好きで、しかも「こなつちゃーん!」っておやつもらえて、

大好きな大好きなママさん。

 

その大好きなさくらママがおやつをくれる>花火の怖い気持ち

花火の怖い気持ちに拮抗するすごくワクワクする気持ち。これがこなつを支えている。

 

これこそ、名前を呼んでおやつの力なのだ!と改めて思うのです。

 

注)名前を呼んでおやつ、とは、(名前⇔おやつ)がいいものになる古典的条件づけで、

名前を呼ぶ人⇔おやつで名前を呼ぶ人もまたいいものになることもできるもの

詳しくはチャーリーママのブログ「私は社会化のドッグトレーナー」をどうぞ^^

 

 
この時のおやつは、大好きなさくらママの前に「大好きな」をもう1こつけるくらいの
 
さくらママをよりスペシャルなものにする役割を果たしているのだけれど、
 
これは日常的に積み重ねられた「さくらママ大好き」という思いで、
 
この時、おやつをくれたのがさくらママじゃなかったら、こなつはおやつを食べられなかったと思います。
 
 
そのくらい、「大好きな人になる」すごく大事な取り組みだと改めて思って。
 
 
 
 
定食屋のおじさんのおやつ待ち
 
 
大好きな人はたくさんいた方がいい。
 
こなつにも、どんなワンコさんにも、
 
いろんな不安や緊張を、たくさんの大好きな人が乗り越える力になりますように。
 
 
 
→アレルギーや疾患で食べられるおやつが制限されている子、おやつを上げようとすると歯が当たる子もいるので
飼い主さんに確認してからおやつ上げてくださいね~^^
 
 

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします!

Twitter で

この投稿へのコメント

  1. ランママ より:

    分かる!
    こなちゃんの気持ち!
    ワタシも子供の頃 大好きな お友達んち お泊りし 優しい お母さんの手料理が
    スペシャルに美味しくて。嬉しくて!
    息子達も お友達のお宅で 御馳走になる
    カレーやら豚汁やらがワタシの作るのとは全然違うんだって(爆)
    普段とちょっと違うシチュエーションだったり別の人からだったりのワクワク感とかが美味しさを倍増させてるのかも?
    勿論 条件として その お友達とお母様を好きで信頼してるからこそでね。
    こなちゃんも きっとそんな気持ちなんだよね~
    人も犬も こうして家族以外の人でも大好きな人がいるって素敵だし大切ですよね。
    そう、ランもあぁ見えて誰にでもおやつもらえるわけでないしね(笑)
    そう名前を呼んで おやつ!は
    決して おやつで釣ってる。ってそんな単純な原理ではないんです!!!ここ大事(笑)
    三年前の朝んぽ 飛んでみたらまたワタシのコメあった(爆)

  2. Unknown
    うちの子は・・・
    だ 誰にでもついていっちゃう(汗)
    白い子はまだまだだけどねぇ~

    コチラもバーン!!
    真っ盛りですが おかげさまでふたりとも
    鈍感なようで・・・
    ホッとしてます。

    こなつちゃん サブレーよりひよこに
    見えてしまうワタシ・・・

  3. panda より:

    ランママさま
    ランママすごいね~!
    私のつたない記事でそこまでわかってもらえてとてもうれしいです^^
    なんか、そういうお出かけがうれしいとか、あのお友だちに会えるのがうれしいとか、○○がうれしい!たのしみ!って気持ちはすごく大事だなぁと思っていて。
    雷なったり花火が鳴ったり、それだけではなくて、毎日暮らしていく中で嫌になることとか急に怖くなることとかあるじゃない?
    そういうものがあっても、こういう積み重ねが乗り越えられるきっかけになるんではないかな~と思って。
    そうそう、釣ってるって見えるのは、きっと見てる側の気持ちがそういう気持ちで行うからではないのかな?と思って。

    ね、ランママと会った頃の記事でしたね^^懐かしい^^

  4. panda より:

    バーニーママさま
    社会化の機会があったり、怖い思いをせずに暮らしてこれた子たちや、そういうものに鈍感な子は怖がらずに生きて行けるのですが、
    保護の子たちのように怖い思いをした子たちや、
    小さなことでも「怖い」と感じでしまう敏感な子や、
    年齢を重ねて目や耳や嗅覚が衰えてきたときに、今まで平気だったことが急に「怖く」なってしまうこともあり、
    そういう子たちにとって必要なのは、「怖いことを乗り切れるくらいの人が近くに、周りにいる」ということではないかなと思っています。

    ひよこにも見えますよね、どっちにしようか迷いましたよ(笑)

コメントを残す(管理者が承認後に掲載されます)